ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 臨床研修 > 臨床研修のご紹介

本文

臨床研修のご紹介

記事ID:0000081 更新日:2021年1月4日更新 印刷ページ表示

福山市民病院 理念

質の高い安全な医療を通じて

「安心と生きる力とやすらぎ」を

地域に提供するとともに

こころ豊かな医療人を育成する

 

福山市民病院 基本方針

1.患者の権利を尊重し、十分な説明と納得・同意のうえ、根拠に基づいた安全で質の高い医療を提供します

2.地域の基幹病院として、新しい医療技術や知識を常に習得するとともに、専門職としての使命・責務を自覚した、こころ豊かな医療人の育成に努めます

3.地域医療機関と連携し、高度で先進的な医療を行い、急性期医療の充実に貢献します

4.安全で快適な、温もりのある療養環境の整備に努めます

5.チーム医療を進め、効率的な経営管理を行い、自立した健全経営を目指します

 

当院の特徴

福山市民病院は「がん医療」「救急医療」「高度専門医療」の3つを大きな柱とし、

地域の中核病院としての役割を担っています。

 

臨床研修プログラム責任者からのメッセージ

 

「全ての経験を学びに!!」

 

副院長、診療部長、内科統括科長、臨床研修プログラム責任者

植木 亨

 

当院は、救命救急センターを併設し、広島県東部から岡山県西部(井原・笠岡)を医療圏とする、地域の中核となる急性期病院です。当院の役割は一貫して「救急医療」「がん医療」「高度専門医療」であり、大学病院のない当地において、その代わりとなるべき役目を果たす病院です。人口約47万人の福山市唯一の500床規模の病院であり、症例は非常に豊富で、全ての経験を学びに代えるべき初期臨床研修には十分な症例があり、充実した臨床研修が送れるように病院全体でサポートしていきます。

当院は決して伝統あるブランド研修病院ではありません。だからこそ、その‘若さ‘を活かして、プログラムや環境の整備に先輩研修医の声が確実に反映されていることも特徴です。熱意あふれる先輩とともに、当院の臨床研修プログラムをどんどん進化させてください。研修医の定員も11人と比較的アットホームであり、症例数や当直回数なども過不足なく、屋根瓦式の研修体制も確立されつつある当院で、貴重な研修医生活をぜひ過ごしてみてください。

まずは病院見学で「現場」の雰囲気を味わってみてください。


病院見学
診療受付時間
8時30分から11時30分
患者さん及びご家族の皆さまへのお願い
※当院は原則予約制です。初診はかかりつけ医で予約を取り、紹介状をお持ちください。
外来診療日
月曜日から金曜日
祝日・年末年始を除く