ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 看護部 > 外来・病棟の紹介

外来・病棟の紹介

外来・透析

外来写真化学療法透析

外来部門は28科の外来診療科があり、西館・本館・東館に各外来があり、外来化学療法センター、放射線治療室、透析療法室等もあります。
透析室では、外来と入院の患者さまの透析管理をしています。
看護師は子育て世代からベテランまで幅広い年齢層のスタッフがおり、多様な働き方ができる部署です。また多職種、他部門とも関りが多くチームワーク良く連携しています。
明るい笑顔と挨拶をモットーに、患者さまの思いを受け止めながら、安心して任せて頂ける看護の提供に努めています。

検査

検査

検査部門では放射線部門・内視鏡部門・PET-CT部門を担当し、放射線科では腹腔内出血やがんに対しての塞栓術を、心臓カテーテル検査では心筋梗塞・下肢動脈閉鎖に対する治療が行われ、不整脈治療ではアブレーションが行われています。医師・コメディカルと共にチーム一丸となり24時間体制で対応しています。安全な看護が提供できるよう日々、取り組んでいます。

救命救急センターICU/CCU

ICU CCU 写真1ICU CCU 写真2

救命救急センターICU・CCUは8床(うち熱傷1床)の病床をもち、当地区(二次医療圏)では対応が難しい3次救急患者(重症交通外傷、PCPSやIABP、CHDFなど補助循環を装着した循環器・心臓血管外科患者、重症熱傷、重症急性膵炎、薬物中毒、人工呼吸器管理を伴う小児・乳児患者など)の受け入れをしています。

救急科医師7名、看護師27名、クラーク1名、ドクターアシスタント2名体制で、リハビリテーション科、栄養管理科、薬剤科、臨床工学科などのコメディカルと連携し、異常の早期発見とともに、せん妄対策や早期リハビリテーションなど患者さんの早期回復に向けて積極的に取り組んでいます。365日24時間、患者さんの大事な命をお守りします。

救命救急センターHCU

ドクターカーベッド

救命センターHCUは16床の病床と救急外来の業務を担っています。看護師37名、ナースアシスタント1名で循環呼吸その他の重篤な患者さんの看護をしています。

HCUの看護師は救急外来の業務も担っています。初療室看護では医師や看護師、放射線科技師、薬剤師、クラークなどが連携して速やかに最善で適切な医療を提供しています。当院にはヘリポートも完備しており、近隣の医療機関と連携して緊急治療に対する医療応需に備えています。2018年12月よりラピッドレスポンスカー(RRC)の運用も開始しました。医師、看護師、医療資材を搭載したRRCを出動させて現場に向かい、重症患者に病院到着前から迅速な医療行為を行うプレホスピタルケアも積極的に対応しています。

手術室・中材

オペ風景1オペ風景2

手術室は10室あり、24時間365日緊急手術にも対応できる体制をとっています。多職種・他部門と連携をとり、安心・安全な質の高い医療・看護の提供に努めています。
中材は、業務を一部外部委託し滅菌管理士を配属しています。洗浄から滅菌工程まで中央化し、安全な器械の供給に努めています。

集中治療室

集中治療室 写真

集中治療室では看護師43名、クラーク1名、ナースアシスタント2名、麻酔科医15名のスタッフが24時間体制で院内の術後患者や急変患者の診療にあたっています。開設当初からの「安心快適な療養生活の提供」「患者さんやご家族の気持ちに寄り添った看護の提供」をしたいという思いを持ち続け、患者さんやご家族の安心や信頼に繋がるよう、きめ細やかな手作りの集中治療室を目指しています。

本館3階病棟

本館3階病棟 写真

本館3階病棟は整形外科、救急科の混合病棟です。
骨折や外傷などの患者さんが入院されており、主に手術前後の看護が安全に安心して受けられるよう取り組んでおります。
入院時から、スムーズな早期社会復帰を目指して、多職種部門とカンファレンスを行い、円滑な支援へとつなげています。

本館4階病棟

本館4階病棟 写真

本館4階病棟は脳神経外科、泌尿器科、内科の混合病棟です。主に手術、内視鏡治療、化学療法、放射線治療などを受ける患者さんが入院されます。医師をはじめ多職種とのカンファレンスを開催し、連携を深めています。患者さん、ご家族の気持ちに寄り添った看護ができるようチームで取り組んでいます。

本館5階病棟

本館5階病棟 写真

本館5階病棟は、耳鼻咽喉科・乳腺甲状腺外科・歯科口腔外科・形成外科の混合病棟です。主に手術・化学療法・放射線療法を受ける患者さんが入院されています。
今年は新人看護師4名を迎え、看護師27名、ナースアシスタント4名、クラーク1名で協力し合い頑張っています。多職種とのカンファレンスを開催することで情報共有・連携を深め、安心安全な医療が提供できるように取り組んでいます。

本館6階病棟

本館6階病棟 写真

本館6階病棟は、外科・呼吸器外科・内科・眼科の混合病棟です。病床は46床で、主に手術・内視鏡治療・化学療法・放射線治療などを受ける患者さまが入院されます。患者さまが安心して入院生活が送れるように笑顔を忘れず丁寧な対応を心掛けています。

本館7階病棟

本館7階 写真

本館7階病棟は、緩和ケア科16床の病棟で、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・公認心理師・理学療法士・ボランティアなど多職種でチ-ムを組み、がん患者さんの痛みや不安などの苦痛症状が和らいで穏やかに過ごしていただけるよう支援し、ご家族の心のケアにも努めています。また、症状が緩和できた後は在宅ケアチームとの連携を図り、自宅での療養環境を整えて退院することも積極的に支援しています。患者さんやご家族の想いを尊重し、その人らしく生きていけるよう支えていくことを目標に、日々スタッフ一同頑張っています。

東館3階病棟

東館3階病棟 写真

東館3階病棟は心臓血管外科・循環器内科の50床の病棟です。心臓の手術や心臓カテーテル検査を主に行っている病棟です。
入院時より医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士など他職種チームで、退院後の生活を見据えてスタッフ一同頑張っています

東館4階病棟

東館4階病棟 写真

東館4階病棟は産婦人科、乳腺甲状腺外科の女性のみの混合病棟です。アドバンスド助産師が3名勤務しております。
当病棟は、出産をはじめ手術・化学療法などの治療を受けられる患者さんが入院されます。新生児室では生命力あふれる元気な泣き声に癒されます。「映え」ポイントならぬ「癒され」ポイントとなっています。
乳腺術後の補整下着や化学療法後の脱毛に対するウィッグなどのサンプルも各種取り揃えています。またリンパ浮腫などでお困りの方も、専門に学んだ看護師が勤務しておりますのでお気軽にご相談ください。
外来で行われる母親学級・個別の保健指導・産後の母乳外来や、院外で行われる「夢見るパパ・ママ教室」など育児サポート事業にも病棟助産師が参画しているので継続したケアを提供することができます。
2021年7月より産後ケア事業(日帰り・宿泊)にも参画しております。興味のある方はご相談ください。
また、2025年度に予定されている総合周産期センターの開設に向けて準備を進めています。

東館5階病棟

東館5階病棟 写真

東館5階病棟は内科40床の病棟です。内視鏡検査や肝・腎・肺生検・化学療法を主に行っています。
患者さんに安心して入院生活を送っていただけるよう、チームワークを大切に日々の業務に取り組んでいます。また多職種とも連携を取りながら、患者さんに合った支援ができるようスタッフ一同頑張っています。

東館6階病棟

東館6階病棟 写真

東館6階病棟は内科23床、循環器内科3床、感染症6床の病棟です。地域の皆さまが安心して医療が受けられるように、スタッフ一丸となり細心の注意と笑顔で、安全で安らぐ看護の提供に努めています。

西館4階病棟

西館4階病棟 写真

西館4階病棟は、小児専門病棟です。病床数26床で、小児科、小児外科の患者さんや、15歳以下の耳鼻咽喉科・整形外科・歯科口腔外科などの患者さんを受け入れています。また、小児救急医療拠点病院として夜間や土日・祝日の小児の救急搬送患者さんや初期医療機関からの紹介患者さんを毎日受け入れています。安全・安心で思いやりのある看護を提供できるように日々取り組んでいます。

西館5階病棟

西館5階病棟 写真

西館5階病棟は、主に血液内科・腫瘍内科などの抗がん剤治療を行っており、無菌室5床を含む40床の内科病棟です。感染予防が重要となる為、手指衛生を基本とした感染管理にはとても気をつけています。安心・安全な抗がん剤治療と副作用に対するケアが提供できるよう、スタッフ一同、基本に忠実に毎日頑張っています。

西館6階病棟

西館6階病棟 写真西62

西館6階病棟は、外科・呼吸器外科の周術期病棟です。
周術期看護の専門性を高めると共に、患者・家族の想いを尊重し、チームで退院後の生活を見据えた援助をします。


ページトップへ戻る